”溜まる言葉 旋回のメロディ”

それこそが自分を繋げていく魔法とリアリティなんだ
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
<< 「僕らが丁寧に切り取ったその絵の名前は」 main 「ほおずき文学」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2009.10.09 Friday 
- -
「ROCKだぜ!2009」後半戦
NICOで更にヒートアップした会場に颯爽と登場したのは
そう 「サカナクション」ですがな!!!(大喚声)

セトリはお決まり内容でしたが
何回聴いたって素晴らしいのです

Ame(B)から笑顔丸出し
会場にあがる待ってましたのピースピース
・・・人気あるなぁぁ!(俯瞰センチ)
岡崎さんの衣装の行方がめっぽう気掛かりでしたが(笑)
さすがにあのやり過ぎたでかい羽は省かれていました
よかった!(誰)
一郎くんはちょっと喉の調子が良くない気がしたけど
ゼップの音響のせいかな
草刈女子は、本日も男前しなやかベース
10僂呂△蹐Δと思われる(最前列でにやにや凝視)高ヒールものともせず
ぶいんぶいん弦を魂を震わしておりました
ベースってバンドに於いて大きな役割をしてるんだなぁと
見る度に実感
江島さんも遊び心あるドラムで演奏をしっかり支え
岩寺さんのギターは飄々ながら超アグレッシブ
しかしながら
今回も徹底したすだれ前髪でお顔は見えず!(爆)
どうやら丑年中にやすやすと流麗なる笑顔を見せない魂胆ですね(真顔)
・・・何目的ですか
ラストの「ナイトフィッシングイズグッド」では
恒例の一郎教祖の神がかり「ラララ→行くぞ〜〜〜い!!」で
会場のボルテージわくわく感爆発
後はそう
踊るだけです無抵抗パッションのままに

MC「こんだけの顔ぶれが来年揃うかっていうと、まずないと思うので。貴重なライブだなと」
「5月にNICOさんと対バンで来て。夏は来れないと思ってたけど、来れて。今年はあと・・・・・12月に来ます」
ワタシ「へっ・・・・!!!!!12月・・・・・・・(マッハ暗中模索)」
「来たいなという希望です(笑)何も決まってません。キョードー西日本さんよろしくお願いします」
ワタシ「な!一杯喰わしおった!(地団駄)」

キョードーさん、本気でどうにかお願いします(真摯な愛は貧乏を越えますか)

最後は一郎くんがタオルを放り投げて(今回腕力利かしたね)退場
サカナ今年見治めか・・・(脱力)




「フジファブリック」
何気に楽しみにしていたアクト
初なので色々心配に(笑)

ドラムに助っ人(事変)参加
メンバーはそれぞれ強い個性を活かしたスタイルにて軽やかに登場
山内氏のスケルトンギターとギリギリセンス王冠風被りもの(あれは恒例ですか)を確認しつつ
恭しく志村氏を生検証&考察
予想以上に小動物的インタレスティングなオーラに興味を膨らませる

山内氏のはっちゃけぶりが災いし
レアで貴重な志村アンプ転倒させるという小事件(大か)までは
無表情ドールのように歌っていたが
途中から賽を投げ放ったかのようにテンションが弾け出る
便宜上ハンドマイクで歌うことを余儀なくされた彼は
やけくそ根性も相まってか
会場と無暗にコミュニケートを図り
ピースを掲げたかと思えば
こちらの方に向かって(方角ね)ピースから華奢な白い手をひらひらさせてバイバイするという胸きゅん仕草連投をさらりとやってのける
これは・・・・・・・これはやばいぞ!(好きになったんすか)
それでも管理整頓された無表情は続いていたが
ついに笑顔らしい笑顔を2秒ほど確かに目撃しました
・・・・・素晴らしいことです(妙な間)
最後はSugar!!
この曲はきらきらぽんぽんしてて好きです
ですので喜んで踊りました

今更なんですけど・・・・フジ、ライブで観て好きになった!
これからも変質的観測を質素に訥々と継続してみたいですきっと奥深い世界です
メルヘンでどすんと重く得体のしれない神秘の志村の森が潜んでいます
きれいな形の木の実などをかじかじしているに違いありません
(偏見に満ちた希望)



トリは「凛として時雨」
早くもセットチェンジ只中から
前へ前へぎゅうぎゅうに負荷が掛る
振り返るとシリアス過ぎる滾るミュージックファイター達が
まばたきもせず仁王立ち&汗ばんだ腕をねじこませてくる
時雨ワールドの熾烈さとコアさにがくがく怯える
怯えたもののもはやにっちもさっちもいかない立ち位置ゆえ
オードリー春日態勢を取り
脳内で「か〜すがか〜すが」と萎縮する己の心を緩和させて打開を謀る
いやマジで一番時雨ファンが怖かった・・・(遠い目)
音源聴いて楽しみにしていたのだけれど
会場の音響が一番酷くて
あれは出演者泣かせだったなぁ・・・
それでもあのハイトーンシャウトはもうROCKを越えて
国籍を越えて壮大絵巻でした
ギターを弾く手元がランダム展開過ぎて
目がくらくら(ライブ疲労も加味)
ベースのなかむら女子が華奢な体(小顔)で大きなベースを
掻きしだく様がクールでした
アンコールは無し




12時半スタートし、終了したのが19時くらい
・・・・・・・・・・・・飲まず食わずで頑張った!痛みに耐えた感動した!
(純一郎は破天荒気ままな政治家でしたね)
アフターパーティー券購入済でしたがすんなり脱落記憶末梢

ぼろっぼろで会場を出て
三ツ矢サイダーを一気飲みし(生粋のおじさん力)
フジのワンマンチケを偵察し
NICOのTシャツをちら見し
サカナの夏フェス携帯ストラップをいそいそと購入し帰還

ライブ後の
肌と真髄に触れるような
夜のこっくりとした息遣いがとても好きだ

本能的なものだろうな

本当に素晴らしい顔ぶれのライブでした
肉体的にも精神的にも鼓膜的にも(耳まだオカシイです)限界点を越えた1日で

音楽というものの頼もしさと深さと面白さに
気付けてよかったなぁと
ライブに行く度に
震える音源に出くわす毎に
ふと奇跡のようにそう思います

ありふれた人生にだって
とりこぼしはある

有難いことです

幸せなことだこれは


2009.08.25 Tuesday 19:09
サカナクション comments(6)
スポンサーサイト


2009.10.09 Friday 19:09
- -
comment
>yukiさん

今晩はー

おお!同じ会場に!
娘さんは近くにいらっしゃったかもしれませんね!
本当に。チケが余る意味が分かりません〜

贅沢&過酷(長丁場)なライブでしたね☆
またやって欲しいなぁ
春陽 2009/08/26 7:14 PM
こちらの方は、はじめて書き込みます。宜しくお願い致します。
このライブ私も参加しておりました^^
私は、娘を最前ブロックに送り出し、自分は2ブロック目の最前で、まったりと見ておりました。最前を守り通したガッツに拍手!
本当に夢のようなメンツで、大阪から急に思い立って行ったのですが、チケットが売り切れていなかったのが、不思議なくらいでした。
お目当てメインはNICOとサカナで、サブがandymoriとフジファブだったんですが、帰りはモジャTゲットし、にやにやして帰りました。
春陽さんの日記読んで、またまた嬉しくなっちゃいました。



yuki 2009/08/26 4:01 PM
>りょーこさん

おはようございますー

あの帽子、お手製!!!(最高だ)
森の妖精さん・・・・・・・・・・・・・・フジは曲者粒揃い芸達者ですね

時雨は終始圧倒されました
色んなバンドが居て面白い

生「ナイトフィッシングイズグッド」是非!
ほーらー今回来たら良かったのにー(笑)
Queenにハマる小学生・・・・・・・・りょーこさんの音楽史多彩ですね
渋い!

春陽 2009/08/26 8:45 AM
何度もごめんなさい〜
Qeen→Queenの間違いです…涙
りょーこ 2009/08/26 1:59 AM
すいません〜あと一言。
サカナクションの「ナイト〜」めっちゃ好きなんですよ。
ラララ〜からの展開が、ワタシが人生で初めて好きになったロックバンド、Qeenを彷彿させるのです!
(小学生だったあの日、Qeenに出会ってから音楽との長い付き合いが始まったような)
何かの機会に生で聴けたらなあ〜と思います♪
りょーこ 2009/08/26 1:53 AM
>山内氏の王冠風被りもの
あれは昨年の秋とつぜん登場し、以来、時々お見かけします。
なんと(山内)総くんお手製なのだ!!!
アレを戴いた彼は「森の妖精さん」と呼ばれています…
そして、志村の森へようこそ。
入ったら二度と出られないかも〜〜ふふふ。

時雨のTK君の手の動きって凄いですよね!
そしてワタシは345ちゃんがかわいくてかわいくてギュっとしたくなるのであります。
りょーこ 2009/08/25 8:01 PM




無料アクセスカウンター比較ランキング無料ブログパーツ /PAGES