”溜まる言葉 旋回のメロディ”

それこそが自分を繋げていく魔法とリアリティなんだ
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Favorite
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
Mobile
qrcode
Sponsored Links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



2009.10.09 Friday 
- -
「知らなくてよい事知らずに ただゆっくり生きていたいんだ」
 
この一節にどれだけ顔をあげれたろう

病気みたいにこびりつく孤独感やセンチメンタルは
溶鉱炉みたいなこの夏の暑さに落ちて
ポジティブや敬虔や朗らかさと一緒くたになって
混ざり合って
全く違う形になって
大切な君にも愛されるものになるといいのにな

それはとても有意義なことだ

他の誰かはこんなに得体のしれない焦燥に煽られたり塞いだりしないのかな

どうしてか眩暈がするよ
夏は陽気で眩しいからね

油断してる隙に
季節を追い抜いてゆくくせに
その襟足もつむじもいじらしいほどに眩しいんだ





サカナクション 「開花」


2009.07.19 Sunday 23:21
サカナクション comments(0)
「くるり×the pillows×サカナクション in Zepp Tokyo」
行けないと諦めていた 7/14 Zepp Tokyoでのライブ
どうにか行って参りました。

例の如く、電車でぐるぐる無用に迷い
時間と精神と体力を空費。
顔が土色と化す(恐)

ホテルによれよれサバイバー状態で到着。
この時点で若干不審がられる(慣れっこですとも)
Zeppまでの道なりをフロントマンに必死の形相で詰め寄る。
困惑の色を前面に出しつつも、丁寧に指示頂く。
ありがとう!おかげで無事着いたよ!

サカナクションの物販が、夏フェス仕様になっていた。
凝視し、とりあえず黒×緑デザインのタオル購入。

前回の新木場ライブでは、鬼こづきあい男臭ゾーン(前方フロアセンター)で崩れかけた為
今回は中央フロア、柵最前キープ。
楽しみのあまり終始にやつく。
機材セットを見て更ににやつく。
一郎くんのギター大好きなのです!



トップバッターは「サカナクション」

本日のメンバーの気合ぶりが凄い!

岡崎さんは、謎めいたスケルトンサイバーな衣装を身にまとって登場
・・・・・目が悪いため、最初何か分からず「大変です見えてはいけないおかしげなものが見えます」と怯えていました(笑)
あれ何か意図があったのだろうか・・・・。

草刈さんは本日もセクシータフ!
冒頭からぐいんぐいん呻りをあげるベースに痺れました。

岩寺さんは今日やけに男っぽい!
カッコイイギターをしれ〜っと掻き鳴らす。
相変わらず顔は全く見えず(お願い!もうちょっと髪切って!色々心配になるから!)

江島さんは、逞しいドラムでした。楽しんでたなぁ。

そして問題児、一郎くんは夏らしいお洒落シャツ姿でタオルをぶんぶん振り回し登場。
この時点で挙動不審(笑)
更にマイタオルで顔を覆っていた。なぜ!
大先輩バンドとの対バンということで、とても緊張していた模様。

いつもと違うアレンジ入りで「Ame(B)」
おやおやと思いつつ踊る。

お次は早くも「セントレイ」

次は何だろうと思っていたら「アドベンチャー」
この曲はライブに外せない!聴けば聴くほど好きになります。
音が高低層でズンジャカズンジャカ鳴ってて楽しいの。
歌詞は言わずもがな。

「ネイティブダンサー」と続き
ラストは「ナイトフィッシングイズグッド」

面白い曲だよ本当!
毎回感想書いているので今回は割愛。
爆笑して終わる。


今回は最年少バンドということもあり持ち時間30分程度でした。
短!(糾弾)

途中のMCでは、純真なる朴訥とした天然ぶりを発揮していましたよ(笑)
ああいう所がすこぶるチャーミング。



2番手は「くるり」です!
岸田さんの人間的魅力と才能に身震いしました。

が!
ちょっと長くなってきたから、記事分けよう(記事作成に疲れてきた厄介な人物。しかし愛だけはあります)





2009.07.15 Wednesday 20:49
サカナクション comments(0)
「くるり×the pillows×サカナクション ライブ」
ライブ終わってしもたー


経歴順とはいえ
サカナクションの持ち時間少な過ぎる…

ライブはむやみに暴れ回る迷惑な輩も居なくて
心地好い空間でした


ほだされることなく愛され続け
理屈抜きに信じることの出来る曲を
何年も何十年も生み出していく仕事の素晴らしさと熾烈さを
改めて認識したライブでした

どのバンドも素晴らしかったけれど
今夜のワタシには
抜きんでて
くるりが染みた!格好よかった!いいぞくるり!

ワンマン時は2階席だったのがガツンとした落胆の最たる要因だっかも
やっぱ一階席に限るなぁ

「ワンダーフォーゲル」「東京」

最高だったよ
音自体に性質や色や風合いが見えた

そしてもちろん
サカナクションでは
本能のままに踊り巧みな歌詞の波を泳ぎ楽しみました

今日の一郎君は緊張していた様子で
とっちらかったMCを披露してましたよ
あれは大丈夫か!(笑)

詳細なレポは
後日気まぐれなやる気次第でUPするやもしれません
しない可能性も大いに孕んでおります(失脚人生)
……素知らぬふりして穏便に構えておいて下さいね。むほー!


2009.07.14 Tuesday 23:48
サカナクション comments(2)
「SETSTOCK '09 タイムテーブル!」
 
まだですかどうなってんすかやっぱあれがあれでそれがそんな感じなりますかと
やきもきしていたら
タイムテーブル遂に発表!!


えへへ・・・・・えへへへへ(大いににやける)


サカナクション、予想通りトリじゃないですか!!
下手したら夕景から夜への物憂げで儚い隙間を
愛してやまないサカナクションの音楽にゆらゆら泳ぎながら
空の稜線に惜しげなくぐんぐん溶けてくレーザービームに頬を照らし
夏の匂いを思いのたけ嗅げるじゃないですか!!


・・・・・・・・・そんなん絶対泣く(それか僥倖のあまり大爆笑か)


SETSTOCK参加予定の方で
WEST STAGEでトリ迎えられる方
是非やいのやいの踊り騒ごうではありませんか

ワタシは相棒などないがしろのままに
サカナクションの初野外ステージを堪能し
自分の心の薄っぺらい心許ない自信の燻火に
焼き付けて急きたててこすりつけてこようと思います

そうして何色かに灯った
その仄かな明かりを両手でそっと覆って
笑ったりなじったり誇らしく見つめたり感動したりしたいのです


もう・・・・・・・嬉しいなぁぁぁ!!




2009.07.12 Sunday 00:38
サカナクション comments(3)
「最後くらい夜に紛れて遊ぶ 鳥目のない鳥になり外を飛ぶんだ」
 

シンシロ


先月新木場でのサカナクションライブ以降、
ワタシの中でこの「シンシロ」の位置が変わりました

それはきっとあの日、
東京の夜にさやいでいたサラサラした風と
底知れない音楽の力にぐるんぐるんと捲かれたせいだと思います

「涙ディライト」「アドベンチャー」
とりわけこの2曲
メロディに足をとられてしまって
削ぎ落とされた歌詞の
毅然とした強さと孤独の隘路に気付かずにいた

こんなに搾り託された言葉たちだったなんてと
本当に自分の頭を全力でしばきたい気分で一杯でした


それまでは、どうしてもファーストアルバム
「GO TO THE FUTURE」に耳まで浸っては
夜と対峙しようと
頑固な精神に折り目をつけたいと
自分なりに葛藤し
そして身を委ねていたように思います

だって「GO TO THE FUTURE」は
本当に素晴らしいアルバムですから

ワタシの中の夜の定義が
すっぽり収まっていて
完璧で耳心地好くスマートな音楽という媒体をつたって
洗いざらいなめていく


来週にはZepp Tokyoで
くるり×the pillows×サカナクションという豪奢な対バンライブ


自分の中で
絶対的に代わりの利かぬ特別なバンドを2組も見れる日が来るなんて
なんて有難いのだろう


東京の夜の中で
何がかすめていくだろう

虚栄の知ったかぶりと
無邪気に目をそむけてた感情に
また触れることが出来るかな


本物の音楽に触れられる幸せに感謝しつつ
愛しい誰かや
嫌いな自分すらも愛せるようになれれば
それはとても健やかだと思います

その力は
音楽に充分あると思う

凄い力だ





2009.07.06 Monday 19:28
サカナクション comments(3)
無料アクセスカウンター比較ランキング無料ブログパーツ << 2/2PAGES